オーディオ用フィルムコンデンサ9社の音質比較!コンデンサのおすすめランキングを発表!

オーディオのススメ
この記事は約8分で読めます。
広告

今回は、スピーカー内部で使うオーディオ用フィルムコンデンサのメーカーの違いで、音質はどう塗り替えられるのか検証しました。

スピーカーに使いたいオーディオ用フィルムコンデンサのおすすめ3位まで発表します。

オーディオ用コンデンサとは

オーディオは電気の周波数を変換して音の周波数としてスピーカーの振動板から出力しています。

スピーカーから流れる音楽は必ず電気信号に変換してから再生されるわけです。

オーディオ用コンデンサはその電気の流れを人が耳で聴いた時に心地よく聴けるように繊細に調整したコンデンサを言います。

人の感性に伝わる世にも珍しい電子パーツがオーディオ用コンデンサなのです。

オーディオ用フィルムコンデンサの特徴

フィルムコンデンサの特徴は、透明感のあるねいろに変わることです。

電解コンデンサではしゃりしゃりとしていた高音もフィルムコンデンサに交換することでクリアでうっとりとした音質へと変えてくれます。

スピーカーのフィルムコンデンサを交換するならカップリングがおすすめ

いちからスピーカーを自作するなら、そのままフィルムコンデンサを使っても良いでしょう。

もし、市販のスピーカーの電解コンデンサをフィルムコンデンサに交換するならおすすめの方法は、電解コンデンサのカップリングコンデンサとして0.1μF程度のフィルムコンデンサをつけるのが良いかと思います。

ウーハー部の電解コンデンサも含めてすべての電解コンデンサにカップリングとして付けるのがバランスの良い音を楽しめるかと思います。

オーディオ用フィルムコンデンサの9社比較

聴き比べをしたのは、9社メーカーのオーディオ用フィルムコンデンサ。

  • BENNIC
  • AUDYN
  • MONACOR
  • PARC Audio
  • jantzen audio
  • MUNDORF
  • claritycap
  • SOLEN
  • dayton

パスコンでの簡易的な音質聴き比べです。

音質の聞き込み時間は30分程度の慣らし時間をかけて聞き比べています。

合計で2万円程つぎ込みました。

BENNIC

フィルムコンデンサは台湾のメーカー。

特徴はクセがない感じの音質。

弦の音にツヤがあり、解像度は高い。

高音が少しかすれる感じ。

使い勝手がよさそうなオーディオ用フィルムコンデンサ。

AUDYN-CAP

フィルムコンデンサの製造はドイツのINTERTECHNIK.Electronic社。

特徴は滑らかでキン付かず低音までしっかり出る音質。

オーディオ用フィルムコンデンサの中では一番使い勝手がよいかも。

解像度は低め。

いい意味でフィルムコンデンサぽくない聴きやすい音質。

オーディンキャップ MKT-1.00μF/250V フィルムコンデンサー AUDYN CAP MKT-1.00MF/250 5% AXIAL

価格:385円
(2020/3/3 00:45時点)

 MONACOR

バランスがよく高音域、低音域までよく鳴らせれる。

特徴はドラムスのアタック感やベースの鳴りがよくパワフルな音質。

それでいてうるさくはない。

高音域のクセも無ければ伸びもないが聴きやすい。

解像度も多少はある。

オーディオ用フィルムコンデンサのなかで使い勝手がいいかもしれない。

 claritycap

フィルムコンデンサはイギリスのメーカー。

特徴は凛として元気よく鳴る音質。

クリアではっきりとした音質。

高音域の解像度が高くとてもくっきりとしている 。

色付けは少なくどこか平たんな印象の優等生 。

スネアが似合う。

 MUNDORF

フィルムコンデンサはドイツのメーカー。

Bowers & Wilkins(B&W)にも使われている。

特徴は雲の中にいるような全体的にもやのかかった音質。

疾走感のある曲では風が吹くように駆け抜けてくれる。

特別得意な楽器もないが、解像度も少し上がる。

ゆらぎを与える音色づけが雰囲気ありとてもよい。

 jantzen audio

フィルムコンデンサはデンマークのメーカー。

特徴はナチュラルな音質。

音の変化が少なくユニットの性能で鳴りを変えてくれそう。

高域の伸びはなく中音域が目立ち、低音域がボンつく。

解像度高くなくふくらみがあり特別得意な楽器もない。

ユニットの性能をよく反映してくれそう。

ユニットにこだわった時に使ってみたい。

PARC Audio

フィルムコンデンサは日本のメーカー。

一番ないと思った音質。

特徴は特別解像度が高くなったわけでもないにもかかわらず作られた音質。

低音域の損失が激しい。

daytonに似ているが表現力でもdaytonには劣る。

ツイーターに使うならバイワイヤリングにするぐらいの大幅なテコ入れが必要。

dayton audio

フィルムコンデンサは、アメリカのメーカー。

特徴は明るくツヤのある音質。

繊細さでは他のコンデンサに比べて劣るが聴きやすい音質。

華やかなスピーカーになる。

低音域の損失はあるので低音重視の方には向かない。

わかりやすく変化し聴きやすくAmazonや楽天でも手に入る。

オーディオ用フィルムコンデンサの入門機といったところ。

SOLEN

フィルムコンデンサは、フランスのメーカー。

DALIにも使われているコンデンサメーカー。
※DALI MENUET SEにはMundorf製を使用との情報あり

特徴は解像度が秀逸で奥行を感じる音質。

楽器の音を楽しみたい方はSOLEN で間違いない。

弦の音が美しく奥行きある音を奏でてくれます。

高音域はかすれ気味で時折り耳につく音もある。

安定して鳴らすより表現力の高さで優秀なコンデンサ。

SOLEN「FastCap」と「SilverCap」の違い

値段が高いのはSilverCapですが、音質にはどのような違いがあるのかまとめます。

FastCap

特徴はとにかく解像度が高い音質。

スピーカーに奥行きがあるかのような立体的な音でゾワっと鳥肌が立つような表現力を持つ。
ただし、低音は弱い。

安価なフィルムコンデンサの中ではトップクラスの表現力。

SilverCap

高価なフィルムコンデンサだが試す価値あり。

FastCapの解像度にこそ劣るものの、低音域までよく再生できる。

弦の爪弾く音などは鳥肌ものの解像度はある。

特徴はバランス良く解像度の高い音質。

映画を再生するには最高品質のフィルムコンデンサ。

番外 SHIZUKI

オーディオ用フィルムコンデンサのメーカーではないので基本的にスピーカーにオススメはしない。

中音域にかすれが出ます。

特徴は鳴りがクリアな印象で聴きやすいが解像度高い訳でもなく、オーディオ用との表現力に差が出る音質。

手持ちにあるなら試しても損はない。

選定外 オイルコンデンサ

名前の通りオイリーな音質になるので不思議。

特徴は滑らかさはあるが、平坦になる音質。

オイルコンデンサでも高音域があでやかであったり種類によって鳴り方が千差万別なので聴き比べをしたい。

今回は日本メーカーのビタミンQオイルコンデンサ。

【NOSオイルコンデンサー】 YJB PARTS Sprague 196P 0.047uF(473) 100VDC 【メール便対応】 [ar1]

価格:1,650円
(2020/3/3 00:42時点)

オーディオ用フィルムコンデンサのおすすめランキング

ペア2,000円以内で買えるフィルムコンデンサのおすすめランキングです。

この3つのメーカーはすべて音の鳴りの違いを比較しても良いと思います。

第1位 SOLEN FastCap

解像度の高さでは群を抜いてSOLENの音が美しいです。弦の音も美しいのですがFastCapでは少し低音が控えめ。

それでも鳥肌が立つほどの表現力を持つフィルムコンデンサが堂々の1位です。

第2位 MUNDORF Mcap630

音の空気感が変わります。

ぬるりとした音がどこか心地いいんですよね。まったりと音楽を聴きたい方はMUNDORF一択かと思います。低音域もよく出ている方だと思います。

第3位 AUDYN-CAP

とにかくバランスがいい。

フィルムコンデンサは低域が目立ないことが多いのですが、低音域までよく出ていると思います。

解像度の高いフィルムコンデンサが好きな僕にとっては第3位ですが、1位に推している方もいらっしゃるかと思います。

無料で音質を変えるならイコライザ設定

フィルムコンデンサへ変えるほどの効果はありませんが、スピーカーをチューンアップするのも難しいと思う方もいるかと思います。

無料で音を変えるにはイコライザ設定はオススメです。

僕も、パネルの取り外しが必要なカーオーディオではコンデンサを変えずにイコライザ設定で楽しんでいます。

フィルムコンデンサを買えるオススメのネットショップ

横浜ベイサイドネット

横浜ベイサイドネット
海外ブランドのスピーカーキットでスピーカーを自作するなら横浜ベイサイドネットにお任せください。海外の12ブランド正規代理店として、海外ブランドのフルレンジやウーファーなどのユニットを豊富に取り揃えています。お気軽にお問い合わせください。

コイズミ無線

コイズミ無線NET
世界で一つだけのオリジナルスピーカーを作ろう!スピーカークラフトに関するパーツから、音質アップの製品まで幅広く取り扱いしています!

仙谷電商

せんごくネット通販
千石電商 秋葉原 パーツとツールのスーパーマーケット。半導体・電子部品・コネクタ・ケーブル・基板・工具・パソコン関連・電池・充電器・ボードなどを幅広く扱っています。

まとめ

おもしろいのはオーディオ用フィルムコンデンサの音の色付けにメーカーの国の色が特徴として聴きとれることにある。

迷った時は好きな国のイメージで購入するのもおもしろいですよ。

いつかは10万円ぐらいかけて、ハイグレードの電子パーツも聴き比べたいものです。

はじめてであれば、まずは手に入りやすいDayton Audioから入るのもいいですが他のフィルムコンデンサとの聴き比べは必ず行ってみた方がいいです。

オーディオの内部パーツをいじるのはおもしろい世界です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました