ミライスピーカーはなぜ賛否が分かれるのか?口コミと評判から分析した本当の魅力

SDGs オーディオのススメ
この記事は約6分で読めます。
広告

いい評価と悪い評価のならぶミライスピーカー。どちらを信じていいのか迷われる方も多いかと思います。この記事では、ミライスピーカーの口コミと評判をプロの目線でひも解きます。ミライスピーカーって難聴者の方にとっては素晴らしい発明品なんですよ。

ミライスピーカーとは

「テレビの音量上げずに、音くっきり。」のキャッチコピーで人気のスピーカーです。特許技術「曲面サウンド」の開発により難聴の人にとって聴きやすく、健常な耳の人にとっても柔らかな音を再生します。

ミライスピーカーとはバリアフリースピーカーのこと

オーディオファンのみなさんには残念かもしれませんが、ミライスピーカーは難聴者をターゲットにしたバリアフリースピーカーです。

オーディオファンが泣いて喜ぶ音を届けてくれるわけではありませんが、将来、老人性難聴に悩まされたとしても駅やショッピングモールでのアナウンス、自宅のテレビの音声を聴きやすくサポートしてくれるスピーカーになってくれると思います。

注目したのは蓄音機の技術

音楽療法を専門とする大学教授から「高齢者はオーディオスピーカーよりも蓄音機の方が聴きとりやすい」との話しを参考に、蓄音機のラッパの形状に着目したミライスピーカーは産まれました。

最新のステレオスピーカーと違いモノラル音声(スピーカー1本)になっているのも蓄音機の聴きやすさをリスペクトしたものかもしれません。

蓄音機は老人性難聴の人には聴こえやすい

実は、なぜ老人性難聴の人にとって蓄音機が聞き取りやすいのか?についての科学的な根拠はまだありません。
しかし、ピンクノイズを代表する、雑音のなかにも人にとって心地よいノイズが存在するのもまた事実です。

このように、聴き取りやすさでは邪魔になりそうなノイズをあえて加えることで音声を聴きやすくするのがミライスピーカーの秘密なのかもしれません(これは個人の感想であり企業から発表された情報ではありません)。

健康な耳を持つ人のためのスピーカーではない

ミライスピーカーはハードロックを楽しむためのアイテムではありません。テレビの音声を聴こえやすくサポートするためのバリアフリースピーカーです。

昔の蓄音機でロックの激しいサウンドを再生してもも低音の響きがなくおもしろみのない音だと感じる方も多いと思います。
しかし、蓄音機のような帯域が狭くモノラルで流れるアナログな音を好みとする人にとっては素晴らしい音に感じる可能性もあります。

ミライスピーカーの口コミ

みん評(https://minhyo.jp/mirai-speaker)からミライスピーカーの口コミ・評判25件(2022.4.25現在)を独自に集計してみました。
すべての意見を漏れなく確認したところ、次のとおりの集計結果が出ました。良い評価も悪い評価も捨てることなくすべてカウントしています。

良い評価

  • よく聴こえる:14件
  • 機能に比べたら安い:4件
  • 使いやすい:3件
  • 高音質である:1件

悪い評価

  • 音の臨場感・重厚感がない:9件
  • 値段が高い:6件
  • 音が小さくて聴こえない:2件
  • うるさい:2件

どちらでもない評価

  • テレビとの両使いがオススメ:3件

口コミから分析したミライスピーカーの実態

プロの目線でミライスピーカーに寄せられた意見をすべてまとめています(2022.4.25現在)。一般のユーザーよりも信憑性のあるオーディオファンの目線から解析します。

難聴がある方には聴こえやすい

老人性難聴を抱える方にとって、ミライスピーカーは聴きやすいとの口コミが多く集まっています。
テレビの音量が大きくなりやすい家族と同居している方にとってはミライスピーカーは魔法のようなアイテムかもしれません。

音の臨場感・重厚感がない

2番目に口コミの数を集めたのが、音の臨場感や重厚感がないとのマイナス評価です。

これについては、開発者自身も音が良いわけではないと明言しており、それでも難聴を抱える方にとっては聴きやすいので商品開発をしたと言う裏話もあります。オーディオとして優れたスピーカーでないことは開発者も認めていることなんですよね。

ただし、蓄音機の音がいいと言う世代もいて高音質だと評価する意見も1件だけあります。
もしかしたら個人の好みで左右できる問題であるのかもしれません。

値段は高いが便利になったことを考えたら安い

値段については正直に言うと僕も高いと思っています。ただし、本当に困っている人にとっては今の価格でも手に入れたいほど優れたスピーカーだと評価されています。

そして、このスピーカーは高品質な日本製らしいんですよ。安いスピーカーのほとんどが中国製であることを考えたら値段が高くなるのも仕方ないのかと思います。

製品の増産ができるようになれば価格も下がってくるかと思います。今後のプライスダウンにも期待しましょう。

テレビと両方の音を出すのがオススメ

4番目に多かった意見が、テレビと同時に音を出すのがいいという意見です。
難聴者はミライスピーカーの音に頼り、健常者はテレビの音で臨場感を味わうと言う両方のメリットを生かした使い方です。

ミライスピーカーは蓄音機の音に近いので、最近のテレビの重厚感ある音にはどうしても敵いません。低音の質ではテレビのサラウンドスピーカーの方が優れているようですね。

ひとつのアイデアとして、テレビとミライスピーカーの両方から音を出すのを試してみるのもいかがでしょうか。

ミライスピーカーが難聴者に評価される理由

ミライスピーカーが難聴者にとって聴こえやすい科学的なロジックはまだ解明されていません。その中でも統計情報から割り出したミライスピーカーの性能を示す根拠について説明します。
詳しくは、開発者のYouTubeから確認することもできます。

難聴者も聞こえる夢のスピーカー「ミライスピーカー」とは? Vol.1
蓄音機から生まれた難聴者も聞こえて健聴者にはすごく聴きやすい夢のスピーカー「ミライスピーカー」を生み出した株式会社サウンドファン佐藤代表のプレゼン動画です。
難聴者も聞こえる夢のスピーカー「ミライスピーカー」とは? Vol.2
蓄音機から生まれた難聴者も聞こえて健聴者にはすごく聴きやすい夢のスピーカー「ミライスピーカー」を生み出した株式会社サウンドファン佐藤代表のプレゼン動画です。

聴こえる音ではなく理解できる音

難聴者であったも音が聴こえないわけではありません。
スピーカーから音が聴こえていても単語を識別して理解するのが難しいのです。
テレビのスピーカーとミライスピーカーの音を聞き比べすると、ミライスピーカーでは単語が理解しやすくなることが体験できます。

ブラインドテストでは単語の認識率が30%向上

被験者を集めてブラインドテストをしたところ、単音(文字一文字)の聴き取り精度が30%向上したと言う実験結果が出ています。
どちらがミライスピーカーの音であるかは伝えなくても、単語の聴き取り能力がはっきりと向上するのです。

雑踏の中での聴き取り能力が全体的に向上

駅のホームやショッピングモールでわいわいがやがやとした雑踏のなかでミライスピーカーの効果があらわれています。
実際に、百貨店や鉄道関係者ではミライスピーカーの仕組みを取り入れ始めているようです。
今後の公共機関を支えるスピーカーとして発展する可能性が極めて高いスピーカーです。

ミライスピーカーを購入するなら公式サイト

公式から購入すると90日の返品ができるので音に不満があったら返品しても構いません。
ただし、Amazonでの販売は返品ができないので気をつけましょう。

返品交換のできないAmazonの販売サイトはこちら

Amazonでは発送と到着が早いのですが、公式ページのような返品対応は行っていません。

テレビの音を聴こえやすい音に変換 ミライスピーカー ホーム 大音量問題を解決 手元スピーカーの進化系

Amazon.co.jp

90日の返品保証のある公式サイトはこちら

Amazonと値段も変わらずに90日の返品保証があるのが公式サイトです。

ミライスピーカーの購入には公式サイトからの購入をおすすめします。


ミライスピーカーの口コミ・評価が別れるのは仕方のないこと

ミライスピーカーはよくないという意見もあるかと思います。
一方でテレビの音が聴こえやすくなったという意見もあります。
どちらの意見が間違っているのか知りたいと言う方が多いかと思いますが、おそらくどちらの意見も正しいのだと思います。
どういうことかと言うと、音が普通に聴こえる若い耳の人にとっては音が物足りない。
テレビの音が聴こえずに本当に困っている人にとっては音が聴き取りやすくとても素晴らしい発明であるという意見の分かれ方です。
老人ホームでの利用や家族のテレビのボリュームが困っている場合にはミライスピーカーは素晴らしい効果を発揮してくれるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました