ミライスピーカーはデメリットだらけ?なぜ賛否が分かれるのか?口コミや評判から分析した本当の魅力

SDGs オーディオのススメ
この記事は約12分で読めます。

ミライスピーカーは評判が悪い、と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

安いラジオみたいな音とか、低音が効いていないとか、辛辣な口コミも数多く見ることができます。

しかし、ミライスピーカーを使って音が聴こえやすくなったという口コミをたくさん見ることができるのもまた事実。

なぜこのように賛否が別れてしまうのか?ミライスピーカーのデメリットとは?などの疑問を解消しながら、ミライスピーカーの魅力とデメリットについて解説します。

ミライスピーカーとは

「音量上げずに、言葉くっきり。」のキャッチコピーで老人性難聴を抱える方を中心に人気のスピーカーです。

特許技術「曲面サウンド」の開発により、テレビの音量が大きくなりがちな難聴の人にとって聴きやすく、健常な耳の人にとっても柔らかな音を再生します。

ミライスピーカーとはバリアフリースピーカーのこと

オーディオファンのみなさんには残念かもしれませんが、ミライスピーカーはオーディオファンが泣いて喜ぶ音を届けてくれるわけではありません。

難聴者をターゲットにしたバリアフリースピーカーです。

しかし、老人性難聴に悩まされる将来を迎えたとしても、駅やショッピングモールでのアナウンス、自宅のテレビの音声を聴きやすくサポートしてくれると期待されています。

注目したのは蓄音機の技術

音楽療法を専門とする大学教授から「高齢者はオーディオスピーカーよりも蓄音機の方が聴きとりやすい」との話しを参考に、蓄音機のラッパの形状に着目したミライスピーカーが産まれました。

最新のステレオスピーカーとは違い、モノラル音声(スピーカー1本)になっている点も蓄音機の効果をリスペクトしたのかもしれません。

蓄音機は老人性難聴の人に聴こえやすい

実証実験では、老人性難聴の方に蓄音機の音は聴こえやすいという説も出ています。

しかし、なぜ老人性難聴の人にとって蓄音機が聞き取りやすいのか?についての科学的な根拠は実はまだありません。

一方で、ピンクノイズを代表する、雑音のなかにも人にとって心地よいノイズが存在するというのもまた事実です。

このように、普通に考えると邪魔になりそうな、ノイズをあえて加えることで音声を聴きやすくするのがミライスピーカーの秘密かもしれません(これは個人の感想であり、企業より公表された正確な情報ではありません)。

健康な耳を持つ人のためのスピーカーではない

ミライスピーカーはハードロックを楽しむためのアイテムではありません。テレビの音声を聴こえやすくサポートするためのバリアフリースピーカーです。

昔の蓄音機で、ロックの激しいサウンドを再生しても、低音の響きがなくおもしろみのない音だと感じる方が多いかと思います。

しかし、古びたラジオのように帯域が狭くモノラルで流れる、アナログの音を好みとする人にとっては、素晴らしい音に感じる可能性は十分にもありえるでしょう。

この点は、人の好みによって左右される要素かもしれません。

ミライスピーカーのデメリット

ミライスピーカーは極上のオーディオ空間を実現するためのスピーカーではありません。

そのため、一般的なオーディオ機器に比べて明らかなデメリットが存在します。

ただし、そのデメリットはすべての人にとってデメリットになるわけでなく、難聴を抱える人にとってはメリットにも変えられるものでもあったりします。

低音域に迫力がない

ミライスピーカーは、人の声が聞き取りやすいバリアフリースピーカーです。

人の声の周波数は100~1000Hzととても狭く、かつての携帯電話の音声も300~3400Hz程度の音声しか伝送していませんでした。

そのため、電話相手に音楽を届けようとしても、あまり良質な音ではなかったという経験を持つ人も多いかと思います。

ミライスピーカーも同じように、人の声が聴こえやすい中音域に絞って音を流しているため、音楽を聞くために使っても感動できるような代物ではありません。

「昔のラジオのような音がする」という感想を抱く方がいるのも、この低音域の弱さが原因だと思います。

ただし、テレビのスピーカーであっても、低音域が音を濁らせる原因になることもあります。

イコライザー設定のできる方であれば、低音域を抑えることでミライスピーカーと同じような効果を感じられる可能性もあるでしょう。

モノラルで味気ない音である

ミライスピーカーは蓄音機をリスペクトして開発が進められた製品です。

蓄音機とは、円盤レコードに記録した溝から電気信号を取り出し、音声へと変換する装置です。

19世紀後半に発明王エジソンにより発明されました。

現在のようにアンプ(音の増幅装置)などを持たないシンプルな仕組みであり、ステレオ再生のような高度な技術を持ちません。

しかし、「老人性難聴を抱える人にとって蓄音機の音は聴き取りやすい」という専門家の話もあり、蓄音機がバリアフリーに活かせるのではないかと考えついたそうです。

そして、実際にミライスピーカーで老人性難聴者に向けてテストを行うと、7〜8割のユーザーから「聴き取りやすい」という回答を得られました。

高齢者や難聴者にも聞こえやすい音に変換する「ミライスピーカー・ホーム」発売
サウンドファンは、音の距離減衰を抑えて広範囲へクリアに届ける特許技術『曲面サウンド』を搭載した音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」の家庭向け小型軽量新モデル「ミライスピーカー・ホーム」を発売。

ロックやポップを流すにはモノラルでは寂しいかと思いますが、マニアの間では蓄音機の音が最上だと考える人もおり、蓄音機の聴き取りやすさを重視した結果、モノラルのスピーカーで販売しているものと思われます。

健常者が聴くと寂しい音である

ミライスピーカーはバリアフリースピーカーであるため、健常者と同居する人のために作られていません。

元々は、老人ホームや防災放送、デパートでの館内放送などで活躍するために開発されたスピーカーです。

オーディオ業界から福祉業界を支えるためのスピーカーであるため、基本的には健常者向けには作られていないと予想しています。

ただし、蓄音機から発想を得ているように、蓄音機の音が柔らかくて心地よいという人がいることもまた事実です。

そのため、ミライスピーカーが必ずしも健常者が聞いても満足できないとも言い切れず、好みの問題になってしまうというのがひとつの結論になります。

それなら「音が気に入らない健常者は我慢し続けなければならないのか?」と問われると、そうでもありません。

口コミでも寄せられていたのですが、テレビの音とミライスピーカーの両方から音を出すことで、難聴者と健常者がともにテレビの音声を楽しんでいる実例もあります。

どうしてもミライスピーカーの音が気になる場合は、テレビと両方の音を出してみることで対策ができるかもしれません。

ミライスピーカーの口コミ

Amazonからミライスピーカーの口コミ・評判2,243件(2022.12.27現在)を独自に集計してまとめました。

良い評価

☆☆☆☆☆聞こえやすい
今まで聞きづらかった音がはっきりと聞こえます。設置も簡単にすることができました。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1OSTF2U6O1E5C/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08766MXQK

☆☆☆☆★聞きやすいがモノラル
確かに聞きやすくなった。特に高音が聞きやすい。モノラルなので音の広がりがなく臨場感のないスピーカー。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1H51AEE3XUC44/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08766MXQK

普通の評価

☆☆☆★★高音
高音がよく聞こえます 老人にはいいと思う
音楽を聴くにはあんまりよい音ではありません

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R4H9LJYW297Q5/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08766MXQK

悪い評価

☆☆★★★確かに良く聞こえるが音質が悪すぎる
評判が良かったので、試聴できないまま購入しました。確かに聞こえることに関しては問題ありませんが、何せ音質が悪すぎたので、使わずそのまま置いてあります。高音質版が出たら購入を再度検討はすると思います。老人向けには手元スピーカーの方が便利かとおもいました。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3J5UDGV1RQJFT/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08766MXQK

☆★★★★返品するつもりです
安いラジオの音のようで、家族には不評です
結局、使ってないので返品したいです。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R30WEARH6DB0YK/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08766MXQK

口コミから分析したミライスピーカーの実態

プロの目線でミライスピーカーに寄せられた意見をまとめています。一般のユーザーよりも信憑性のあるオーディオファンの目線からミライスピーカーについて解析します。

難聴者にとっては聴こえやすい

老人性難聴を抱える方にとって、ミライスピーカーは聴きやすいとの口コミが多く集まっています。テレビの音量が大きくなりやすい家族と同居している方にとってはミライスピーカーは魔法のようなアイテムかもしれません。

音の臨場感・重厚感がない

音の臨場感や重厚感がないとのマイナス評価です。

これについては、開発者自身も「音が良いわけではない」と明言しており、それでも難聴を抱える方にとっては聴きやすいので商品開発をしたと言う裏話もあります。

オーディオとして優れたスピーカーでないことは開発者も認めていることなのです。

ただし、蓄音機の音がいいと言う世代もいて、高音質だと評価する意見もわずかながら見つけることもできます。

値段は高いが便利になったことを考えたら安い

値段については正直に言うと僕も高いと思っています。

ただし、本当に困っている人にとっては今の価格でも手に入れたいほど優れたスピーカーだと評価されています。

そして、このスピーカーは、高品質な日本製らしいんですよ。

元々は施設を対象に15万円程度で販売していたスピーカーを量産化しているため、コスト面では現在の3万円弱の値段でも、かつての1/5程度にコストが抑えられています。

安いスピーカーのほとんどは製造工場を外国に持っているため、国産の製品である点を考えると今の価格でもプライスダウンに成功しているものと思います。

健常者と使うならテレビの音も出すのがオススメ

興味深い口コミとしては、テレビと同時に音を出すのがいいという意見がありました。

難聴者はミライスピーカーの音に頼り、健常者はテレビの音で臨場感を味わうと言う両方のメリットを生かした使い方です。

ミライスピーカーは蓄音機の音に近いので、最近のテレビの重厚感ある音にはどうしても敵いません。低音の質ではテレビのサラウンドスピーカーの方が優れていると言えます。

もし健常者と同居していて使いたい場合は、テレビとミライスピーカーの両方から音を出すことを試してみるのもいかがでしょうか。

ミライスピーカーが難聴者に評価される理由

ミライスピーカーが難聴者にとって聴こえやすい科学的なロジックはまだ解明されていません。

その中でも統計情報から割り出したミライスピーカーの性能を示す根拠について説明します。

詳しい解説については、開発者のYouTubeから確認することもできます。

聴こえる音ではなく理解できる音

難聴を抱える人であっても音が聴こえないわけではありません。

スピーカーから音が聴こえていても単語を識別して理解するのが難しいのです。

難聴を抱える人も音が聴こえないわけではなく、単語を識別して理解するのが難しいらしいです。

この単語の聴き取りに効果を発揮するのが、ミライスピーカーです。

ブラインドテストでは単語の認識率が30%向上

被験者を集めてブラインドテストを実施したところ、単音(文字一文字)の聴き取り精度がミライスピーカーでは30%向上したと言う実証結果が出ています。

どちらがミライスピーカーの音であるかは伝えなくても、単語の聴き取り能力がはっきりと向上したのです。

雑踏の中での聴き取り能力が全体的に向上

駅のホームやショッピングモールで、わいわいがやがやとした雑踏のなかでミライスピーカーの効果があらわれています。

百貨店や鉄道関係者では、実際にミライスピーカーを導入し始めるという動きがあります。

特に、大きな被害を生んだ震災時には、防災放送が聴き取れなかったと答える被災者が多くいました。

このような問題を解決するためにも、ミライスピーカーによるバリアフリーが実現できる未来が来るかもしれません。

ミライスピーカーを試すなら公式サイト

ミライスピーカーには様々なデメリットがあることが分かりました。

しかし、難聴を抱える人にとっては夢のようなアイテムになる可能性も秘めています。

そこで、どうしても一度試してみたいと考えている方には、公式サイトの返品を利用する方法が考えられます。

もしAmazonから購入してしまうと、返品交換が少しだけ複雑になります。

公式サイトから購入すると90日の返品期間が設けられているので、試しに使ってみて音質に不満があるようなら公的な手段で返品しても良いでしょう。

返品交換の難しいAmazonの販売サイトはこちら

Amazonでは発送と到着が早いのですが、公式ページのような返品対応は行っていません。

ただし、Amazonの返品・交換手続きが可能であれば、返品できる可能性はあります。

返品・交換の手続きをする - Amazonカスタマーサービス
Amazon.co.jpで販売されている 多くの商品は、返品することができます。返送方法は出品者や商品、返品・交換の理由によって異なります。

Amazonの返品方法や返品の概要についてご確認のうえ対応ください。

90日の返品保証のある公式サイトはこちら

Amazonと値段も変わらずに90日の返品保証があるのが公式サイトです。

ミライスピーカーの購入にはこちらの公式サイトからの購入をおすすめします。

高齢者向けテレビ用スピーカー『ミライスピーカー・ホーム』60日間返金保証

ミライスピーカーの口コミ・評価が別れるのは仕方のないこと

ミライスピーカーにはデメリットはありますが、テレビの音が聴こえやすくなったという意見が多くあります。

デメリットについても理解したうえで購入した方にとってはバリアフリーを実現する魔法のようなスピーカーになり得る可能性はあるでしょう。

老人ホームでの利用や同居家族のテレビのボリュームが大きくて困っている場合には、ミライスピーカーは素晴らしい効果を発揮してくれるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました